わたしも働く、お金も働く、ひとりダブルインカムへ > CLUB Z-UP 会則、会員規約

CLUB Z-UP 会則、会員規約

名称

第1条 この規程は、ゼットアップ・リサーチ株式会社(以下、弊社という)が運営する、 CLUB Z-UP(以下、当クラブ)の会員について必要なことを定める。

事務所

第2条 この組織は、事務所を弊社事務所、東京都渋谷区渋谷2-11-5 Cross Office 渋谷 Medio 8Dに置く。

目的

第3条 この組織は、弊社がファイナンシャル・プランニングに関わる相談(以下、FP相談)を基礎に、紹介した各種の投資商品によって得られた個人及び法人の利益の一部を還元し、広く社会全体の利益に寄与することを目的とする。

事業の種類

第4条 この組織は第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1. 当クラブは会員のライフプランに基づいたFP相談を提供する。
2. 当クラブは会員の利益のために、メールにて随時、情報を提供する。
3. 当クラブは会員の利益のために、内部、あるいは外部講師を招いてセミナー及びイベントを開催する。
4. 当クラブは会員の利益のために、信頼のおけるパートナー及び、安心安全な投資商品の情報の収集を行う。
5. 当クラブは、会員の希望によりネットワークを通じて各種専門家を紹介する。

会員

第5条 この組織の目的に賛同し、この組織の活動を支援するものを会員とする。

会員の種別

第6条 当クラブの会員の種別は次の2通りとする。
1.スマート会員:当クラブの趣旨に賛同して入会する個人。
2.プレミア会員:当クラブの趣旨に賛同して入会する個人及び法人。
*注1:スマート会員とは、税引き前年間想定利益金額50万円未満の個人。
*注2:プレミア会員とは、税引き前年間想定利益金額50万円以上の個人。
*注3:スマート会員に該当する場合であっても希望によりプレミア会員となることができる。
*注4:プレミア会員となる法人については、個別に内容を定める。

会員の権利

第7条 会員は、次の権利を有する。
1. スマート会員は、通常、1回2時間で20,000円(税抜き)のFP相談を、1回10,000円(税抜き)で弊社に依頼することができる。
2. スマート会員は、通常50,000円(税抜き)のライフプラン提案書作成を、40,000円(税抜き)にて弊社に依頼することができる。
3. プレミア会員は、上記スマート会員の権利に加えて、2時間20,000円(税抜き)のFP相談チケット【プレミアチケット】を、1年あたり2枚受け取ることができる。ただし、チケットの有効期限は発行日から1年間とする。
4. いずれの会員も、投資商品、セミナー、イベント等の情報をメールにて受け取ることができる。
5. いずれの会員も、弊社が主催するセミナー、イベントに参加する際には一定の要件の元で、割引を受けることが出来る。
6. いずれの会員も、年会費から年会費の10%をカンボジアSunday School Projectへ記名にて寄附をするものとする。
7. いずれの会員もファイナンシャル・プランニング業務以外に関しては、弊社のネットワークを通じて、弁護士・税理士等、有資格者の紹介を受けることが出来る。ただし、それぞれに係る費用については、別途、直接支払うものとする。

会員の義務

第8条 会員は、次の義務を負う。
1. 会員は、本規約第9条に定める会費等を納入しなければならない。
2. 会員は、本規約第11条に定める倫理規程を遵守しなければならない。

年会費等

第9条 会員は、その種別に従い下記の入会金及び会費を納入しなければならない。
      1)スマート会員  年会費 1万円(税抜き)
      2)プレミア会員  年会費 5万円(税抜き)
*注1: 会員の期間は、入会月1日から翌年の入会月の前月31日までとする。
*注2:期間途中での退会であっても、年会費は返却しないこととする。
*注3:会員は入会月の前月末までに退会の申し出が無い限り、翌年も自動更新するものとする。
*注4:初年度会費は、入会月の翌月末までに1年分を支払い、次年度以降も同月末までに支払うものとする。
*注5:経済状況の変化に伴い、社会通念上逸脱した場合には、年会費を変更することが出来ることとする。
*注6:入会の申し込みと会費の振込先は別紙入会申込書に記載する。

会員資格の喪失

第10条 会員が次の各号の一に該当する場合は、その資格を喪失する。
1. 退会届を提出したとき。
2. 会員である法人が消滅したとき。
3. 本人が死亡、若しくは失そう宣告を受けたとき。
4. 本規約に違反し、弊社より除名されたとき。

守秘義務

第11条 会員は、次に定める「倫理規程」を遵守しなければならない。
1. 当クラブ内で知り得た会員の個人情報について、他言してはならない。
2. この組織及び会員の名誉を傷つけてはならない。
3. この組織の目的に反する行為をしてはならない。